広告

 

自分の足で歩き始める

f:id:Willowtree:20170123231331j:plain

 

こんばんは♪

くろです。

とんでもなく遅れましたが、明けましておめでとうございます!

みなさんは、どんなお正月を過ごされましたか?

そして、一年の過ごし方に何か決意をされましたか(*^^*)?

私は、お正月は笑ってはいけないを繰り返し見ては笑い倒したお正月でした( *´艸`)

そして、新年の抱負は「今年は自分の足で歩きはじめる年にしよう」と決めました。

これは、2年前この病気になって、闘病していく中で自分と向き合うきっかけをくれ

て、それまで自分の中の違和感に気付きながらも、よく分からないままで。

病気をきっかけに、私はこんなに生きづらさを抱えていたんだと気付いて。

自分で自分のことがよく分かっていないことも発覚し( ;∀;)

大混乱の2年でした(´-ω-`)今もまだ彷徨っていますが?

そしてその原因が自分で自分を生きていなかったことにあるのだとやっと気付いて、何

とかその事実を受け入れることができて、2年かけて、やぁーーっと自分の人生を自分

の力で生きていくぞって思えるようになってきたので、今年はついに始動の年なので

す!

人への依存を断ち切って、自分の意志で、自分の力でできることから始てみようという

気持ちになったことから「自分の足で歩き始めよう」という決心に繋がったのですが、

なんのこっちゃという感じですよね(・´з`・)

 

 

f:id:Willowtree:20170123231544j:plain

 

みなさんは今NHKでやっている「お母さん、娘をやめていいですか?」という番組を

知っていますか?

母親と娘の人間の境界線がなく、母親は自分の愛されなかった過去から寂しさを抱えな

がら生きていて、愛情という建前で娘を無意識に支配し依存させることでそれを満たそ

うとする。娘も物心ついた時から母親の顔色を見て、自分の意志はないものとして母親

の言う通りに依存して生きていく。

そんな中で娘は、お母さんと私は違う。これではいけない、自分の力で生きていかなく

ては、と立ち上がっていくドラマです。

 

これがまさに私の今の状況です。

正直、こんなタイミングでこんなドラマがやることにとても驚きました。

実はこういう親子って多いのかな?

母親との愛着形成が、その後の全ての考え方や人間関係の基礎になるんですよね。

どうにもならないことだと分かっていても、何十年もいい子を演じてきちゃって、私の

人生返してよって、お母さんのクローン人間になっちゃって、こんな自分のない人間に

なっちゃってどうしてくれるのよって、随分母親に憎しみを抱きましたし、自暴自棄に

陥りました。

ここから這い上がるのに1年以上もかかってしまいました。

でも今は、もうありません。

たくさんの人に支えてもらって、ここから自分で自分を生きていくしかないんだと、思

えるようになってきました。

 

母親との愛着形成がうまくいっていないらしい私は、極度に自分に自信が持てなかった

りして考え方がひねくれているようで、これからも苦労するんだろうな~とは思います

が、少しでも楽しく生きられるようにしていこうと思えるようになっただけ、進歩なの

でしょう(・´з`・)

ということで、ごめんなさい(´・ω・`)

少し重苦しい話になってしまいました?

 

そんなこんなで、今年の抱負である、「自分の足で歩き始める」がテーマのお話です!

 

車を手放した

 

今年まずやったこと。それは、車を手放しました。

ほんとに自分の足で歩き始める年になってしまいました(´・ω・`)

そんな予定は全くなかったのですが、皮肉なことに、決意早々有言実行です!?笑

私の趣味はドライブです。いや、ドライブでした。

私は、車好きな一家に育ったこともあり、車が割と好きです。

何より、運転が大好きです。ド田舎で生まれ育ち、車がないと生きていけないので、運

転時間は比較的多いのですが、みんなに通勤時間の長さを同情されても、ドライブ時間

を苦に感じたことはありません。

国内どこへだって、楽しくドライブできます♪

だから、4年前、長年欲しかった大好きな車を購入し、相棒として一緒にあちこち走り

回って楽しい日々を送っていました♪

その間追突事故も数回ありましたが、幸いトラウマになることもなく、相棒と楽しい時

間を過ごせていたのです。

 

しかし、そんな私にも大きな転機が起きます。

それは、やっぱりこの脳脊髄液漏出症です。

この病気をしてから長時間運転ができなくなってしまいました(´・ω・`)

異様に首や背中が凝るので、何度かトライしましたがダメージが大きく、自然と車での

遠出もしなくなっていた今日この頃です。

しかし、この相棒を手放そうなんてこれっぽっちも考えたことはありませんでした。

入院中は、ドライブすることを楽しみに、ドライブ計画を励みにしたものでした(*^^*)

近くにいてくれるだけで満足でしたし、短時間でも快適な空間でしたから。

というか、便利な車生活にどっぷり10年以上浸かっているので、何より車がない生活

は考えられません(T_T)

ところが、本当に不思議なもので、車を意識した訳でも何でもないのに、今年の目標を

「自分の足で歩き始める」と決めてから、まずは身の回りの整理をしようと思いまし

た。私にとって必要なもの、欲張って持ってしまっている不必要なものは何だろうと考

えました。

すごく悩むかと思いきや、苦しみながらも自分を素直に見つめると、すぐに分類されて

しまったんですね。

いつの間にか相棒を始め、自分の欲深さや虚栄心で、本来の自分には管理しきれないも

のや不必要であるものを周りに置いて、素敵な人になったつもりになって、本当に必要

なもの、大切にすべきことが見えにくくなっていたんだなぁーと、気づきました。

自分の嫌な面と直面します(>_<)

 

車を手放してから

 

相棒とのお別れはとても寂しく、涙涙のお別れでしたが、お陰でなんだか頭の中がスッ

キリして頭と心が澄んでいる感じがしています。もっと後悔すると思ったのに、後悔は

ありません。

車がない生活は不安でしたが、車がなければないなりに工夫してみようと思えるように

なり、自分の足で歩く時間が何倍にも増えました。

そして、バスや電車の路線図を眺めるのが一つの楽しみになり、運転している時は気付

かなかった道やお店の発掘ができたり、今まで知らなかった地域のサービスを知った

り、車では気付けなかった発見がたくさんあって、車生活の時の何倍も刺激的な毎日に

なりました。

 

走れるようになった!20m・・・?

 

それから、バス停までの距離は150m程あるのですが、ギリギリに出てしまう日は

「やばい!間に合わない(; ・`д・´)」と自然と小走りになります。

私はブラッドパッチをしてから、背中の癒着なのか、走ると背中が痛くなるし、足は痺

れてくるしで、怖くて走ることができなくなりました。

しかし、この、日々の時間に追われる訓練のお陰で、20mくらいほぼ全力で走ること

ができるようになっていたのです(;・∀・)

走った後は背中を始め全身が痛いので、いいのか悪いのかよく分かりませんが、とりあ

えず漏れてはいなそうなので、スパルタ気味にやってみてしまっています。

というかやらないとバスに間に合わないのですが(ノД`)・゜・

 

そんなこんなで、自分の足で歩きはじめたことで、心身共に想像もつかなかった変化が

見られたー!というお話でした( *´艸`)

 

今年の最後にはセロトニンもたくさん分泌されるようになり、幸せに感じることが増え

て、筋肉も増えてシェイプアップ効果もありました♡と言っていられたら

いいなぁ~ 笑

 

読んで下さってありがとうございました♪

子供にしがみつく心理 大人になれない親たち [ 加藤諦三 ]

価格:1,512円
(2017/6/22 15:43時点)
感想(0件)